hinokit(ヒノキット)

hinokit

木材には、ヒノキ・スギ・ケヤキ・ナラなどの様々な種類がありますが、香川県では主に住宅の柱に使用されるヒノキの出荷量が増えてきています。香川県産ヒノキは、雨量の少ない香川の森林で長い時間をかけてゆっくり成育することから、年輪が均一でゆがみが少なく、キメが細かい良質の木材です。

私たちが作る木工製品は、香川県産ヒノキの間伐材を使っています。人工林では、植えた木を間引きして密度を調整する「間伐(かんばつ)」という手入れを行います。手入れが行き届いていないと土壌の崩れを招き、土砂崩れの原因となります。また、適切な伐採が行われないと、新しい木が植えられず高齢の木々ばかりとなり二酸化炭素の吸収量が低下するなど、環境問題にも大きく関わってきます。県産ヒノキの間伐材を使う事で香川県の森林の整備促進、山地災害の防止や環境を守ることに繋がります。

木にふれあい、木を好きになってもらって、森林の大切さやエコについて関心を持ってもらいたい。
そんな想いから生まれたのがhinokit(ヒノキット)です。

hinokit

hinokit(ヒノキット)は、香川県産ヒノキを使用した誰でも気軽に作れる木工キットです。
県産ヒノキの特徴を生かした丈夫で良質な素材と、カンタンで安心な機能性がたくさんの方に喜ばれています。